MENU

多重債務して自己破産したらどうなるの?

多重債務をして自己破産したらどうなるか?それは多重債務をしていても、していなくても同じで自己破産をすると借金の返済をする義務はなくなります。自己破産とは多重債務の有無に関係なく、国が借金の返済が困難で生活出来なくなった人を救済し、生活や人生をやり直す為にある制度です。

 

会社を退社させられたり、現在ある財産を全て没収されるといった事にはなりませんが、自己破産の悪用を防ぐ為にやはり財産や預金、債務の調査は行われ、生活するのに十分な財産があり、債務にあてられる場合は当然ながら自己破産は認められません。

 

しかし、現金にして99万円や(3ケ月分の生活費にあたる)生活するのに最低限必要と思われる物については自由財産として所持可能となっています。数十万相当にあたると思われる家電製品などは、債務にあてるなどの処置がとられると思って良いでしょう。自己破産後は新たに借入れなどは出来ないので、計画的に慎重に生活や支払などは行いましょう。

 

自己破産をしても国の税金は免除の対象にはならないので、債務が沢山あったとしても所得が高額であった場合には、税金には注意を払っておく事が必要になります。新たな借入れが不可能となる為、闇金融などから借入れを行い、折角救済制度に救われたのに、前よりも酷い借金地獄に陥る事は絶対に避けたいですね。