カードローンの金利・利率の計算方法

MENU

カードローンの金利・利率の計算方法

お金を借りる時は、今はかなり簡単に貸して貰えます。でも、借りると金利が掛かっていくので、返済を考えていくと金利に対する利息がいくらになるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

 

そして、銀行や消費者金融でカードローンを組んで貰って借りるときには、まず金利がいくらかを借りる会社を決めていくでしょうが、返済方法も色々とあるので、上手な返済を考えなければならないのです。さて利息とは、今借りている全額に対して掛かっていくものですが、カードローンの場合の金利は、借りている額に対して、1年間でいくらになるかで決まります。

 

ですから例えば、10万円を18%金利で借りて、1年後に返済すれば、1万8,000円が利息として掛かってくるので、11万8,000円を返済しなければならないのです。だから上手にカードローンを活用していくには、どういう形で返済していくかになりますが、いつ返済できるかをしっかりと把握してできるだけ早い機関で返済できるようにした方が、利息負担額が減っていくのです。10万円をカードローンで借りて、1月後に返済すると1万8,000円の12分の1で、利息は1,500円で済んでしまうのです。

 

そして、返済方法にはリボ払いがありますが、1年返済のリボ払いだと、年利をプラスした額を12分割して返済していくので、毎月同じ額を返済していけばよいので、楽な面がでてくるのです。