キャッシングの審査で重要視される事

MENU

キャッシングの審査で重要視される事とは

キャッシングの審査ではどのようなことが重要視されるのでしょうか。年収はもちろんですが、実は勤務先と勤続年数、さらに持家かどうかなどが意外に重要視されていると言われています。まず勤務先ですが、その勤務先がどの程度の企業なのかという点が非常に重要です。

 

公務員や上場企業に勤務しているという人はかなり審査は有利に働き、逆に自営業や水商売の場合には審査は不利であるといわれています。さらに勤続年数は、長ければ長いほど有利に働くそうです。勤続年数が長いということはその企業が長く継続している企業であることが分かりますし、その継続している企業に長く務めるだけの信用があると判断されるからのようです。

 

持家かどうかというのは、その人が簡単に引っ越しを繰り返すことがないのかを確認していると言われています。頻繁に引っ越しを繰り返すことができる賃貸住宅に居住しているよりも、持家に居住している方が有利だと言われています。賃貸住宅に住んでいても、比較的長い居住年数がある人の場合には、さほど不利にはならないと言われているようです。